×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1.エピソード/2.出演/3.太一君関連サイト(PC)


1.エピソード


銀幕デビューは2003年映画『座頭市』。 芸者姉妹の妹(弟)おせいの子供時代を演じた。 その後、2005年には映画『TAKESHIS'』で早乙女太一役を演じた。
劇団の座長と劇団員の間に生まれ、劇団員として育つ。 天才女形として、現在も舞台に立つ。
座頭市でおせい役を演じた橘大五郎とは異なる劇団だが、共に舞台に上がることも多く、座頭市のラストシーンでも有名なタップダンスを披露したこともある。


十代とは思えない妖艶な色気を放つ女形は元より、素顔の美貌もあってか、2006年には公認のファンクラブが発足するほどの人気ぶり。
写真家篠山紀信もその美貌に惚れ込み、女には気をつけるよう注意したという。
2007年1月26日にフジテレビで放送されたDのゲキジョーの反響は大きく、放映直後から当時舞台を行っていた大勝館の予約電話は鳴りっぱなしでパンク寸前だったとのこと。 翌日は『満員御礼札止め』状態。少しでも多くのお客様に見ていただけるよう通路スペースにも客席を設けたほど。それでも長蛇の列は続き、会場はお客様の熱気で冷房を入れたそう。(ちなみに、この日27日はもう一人の主役橘大五郎の20歳の誕生日でもあり遠方からお祝い客もあふれ、大混乱)

Dのゲキジョーに出演していた美川憲一、ピーター、研ナオコは、太一のファンになり、多忙ながらも速攻で舞台を見に行っている。

「流し目王子」のニックネームが付けられている。


2008年1月5日のバニラ気分!GOGOサタでのトークで、「女形は嫌い」と発言した。
L'Arc〜en〜Cielの大ファンでもあり、紅白歌合戦の記者会見の際には記者から誰に注目してますか?と聞かれ「ラルク(L'Arc〜en〜Ciel)さんは出ますか?」と出場しないグループ名を上げて記者達の笑いを誘った。


ソ 総合/ 恋愛・結婚/ 健康/ダイエット/ 美容/ 自己向上/ ビジネス/ 資産運用/ ギャンブル/ ツール/ 携帯関連/U 生活/ その他